個人開発でミニゲーム50本作っての現状と思うこと

このサイトで公開しているゲームが50本になりました。

ということで何か書いておこうかと思ったので何か書きます。

(50本といっても現在公開中のゲームの数が50本であって今まで作ってきたゲームは実はもうちょっとあります。ただそれらはゲーム制作を始めたころのものであまりにクオリティが低いので現在は非公開にしています。また現在公開中のものでもゲームが増えてくればいずれ非公開にしようと思っているものも何本かあります。)

ブラウザゲームサイトは稼げるのか?

しょっぱなからお金の話をしておきましょう。

収入になるのかならないのかはとても大事な話。世の中金を稼げなきゃどんなに素晴らしいことをしていてもニートと同じ。ただのウンコ製造器。

で、このブラウザゲームサイトの「ウェブゲームセンターコスモ」が公開されたのが2019年3月10日。それから今日までのおよそ1年9か月(注:以前のサイトは含んでいない)のGoogleアドセンスの広告収入は・・?

 

 

およそ6000円!!!

 

マジです。私もいま自分で調べてびっくりした。少なっ!!!(´;ω;`)

この1年9か月、ゲーム制作にかけた時間、サイトの制作&改良&SEO対策にかけた時間、どれだけかかったかわからないけれどそれらの労働に対する収入はたったの6000円😢

というかGoogleアドセンスは8000円を超えないと振り込まれないので実質0円!!!

他にも収入を得るためにグッズなどを作って販売していますがそれらも振込額にまだ達していないので実質0円!!

つまりすべてタダ働き!俺はただのうんこ製造器!!

これが現実です_:(´ཀ`」 ∠):_

ミニゲームではかなり厳しいと思われる

私が稼げていないから「ブラウザゲームは稼げない」って結論付けるのはおかしな話。大企業はソシャゲで儲けてるもんね。

ただ個人がミニゲームサイトを運営して稼ごうと思うのはかなり厳しいのが現実のようです。

ミニゲームにはソシャゲのようなユーザーにプレイさせ続けるような規模も仕掛けも無い。だってミニゲームなんだもの。

だからちょっと暇つぶしに遊んだらそれで終わり。でもそれはわかってるしそれはそれで良い。ただこれではお金にならない。何か自力で稼げる手段をどうにかして考えて作らないといけない(そもそもアプリと違いブラウザゲームのGoogle広告の条件が100万pv/月と厳しすぎる!)。

また検索からの流入を作るのが非常に難しい。ゲームしたいと思ったときに検索するワードって「○○ゲーム」くらいしかない。そのドンピシャワードで少なくとも検索1ページ目に表示されなければ検索流入なんてほとんどないようなもの。つまり検索からの流入は期待できない。

だから良いゲームを作って数少ない来訪者がリピートしてくれて友達に紹介してくれることを願うしかない。くっそ地道に頑張って良いゲームを作り続けてゆっくり広がっていくのを期待するしかない。

ただし、逆にウェブサイトだからこそ一般にある程度認知されれば安定したアクセスを得られるようになる可能性はある!!そこに賭けるしかない!

現実が厳しいからこそやりたいのである!!

私はひねくれものである。だって男3人兄弟の次男なんだもの。子供の時からなんも恵まれてない。真っすぐ育ってない。

無謀なのはわかってるけどね、きかん坊なんですよ。

もう俺がやると決めたらやる。決めるのは俺。他人がなんか言っても知らん。他人は嘘つきで口だけ。だから決めるのは俺。俺が正しい。

しかも、今のところ個人のブラウザゲームサイトで成功してる例は無いっぽい。だから!!

 

なってみたいじゃないか!一番に!!!

 

なんてね(*´▽`*)

そして一度は言ってみたい!

 

道は俺の前にあるんじゃねぇ!

俺様が通った後にできるんだぜぇ!!

 

男ならいつまでも中二病みたいな夢は持とうぜ!!

ゲーム50本公開して思うこと

やっと50本公開まできました。もともと「ゲーム100本作ったらプロになれる(飯が食える)」というのが自分の考えなのでまだ半分しか到達していないので飯が食えてないのは納得の話ではあります(でもせめて小遣い程度にはなってほしい。。)。なんでもプロになるっていうのは簡単なことではないです。

50本作った今の自分のゲーム制作に対する感覚としては「勢いでゲームを作る段階は過ぎて次の段階に入った」といった感じです。

何もかも新鮮で好奇心と勢いだけで作っていた初心者の段階が過ぎて、勢いはなくなったけどじっくり考えてそれなりに納得できるまではちゃんと作るようになってきました。特に50本目の「M3EO」はそれがすごく顕著に出てると思います。ものすごくシンプルな内容のゲームだけどきっちりキレイに仕上げています。勢いで作っていた過去の自分ならゲーム部分だけサクッと作ったら「できた!終わり!」ってしてここまでちゃんと仕上げずに終わらせていただろうというのは容易に想像できます。

つまり技術的な成長よりも精神的にというか意識というか出来上がるものの質に対しての感覚が成長してきたように思います。「こうじゃない」「なんか違う」という自分の思っていることとのズレに対して無視せずにちゃんと修正するようになってきた感じです。

これからの50本について

目標の100本までまだ残り50本。

50本作ったからといってゲームのアイデアが尽きたりはしてません。まだいくらでもある。その上まだ作ったことないジャンルも技術も山ほどあります。ネタはいくらでも生み出せます。

ただここからの50本はやっぱり質の50本。ちゃんとしたプロ(企業)が作ったゲームと思わせるクオリティを目指していきたい。

「素人開発だから」という言い訳を自分にしないようにしていきたいです。

まぁ偉そうなこと言ってもモチベーションとの戦いでどうなるかはわからんけど(;^ω^)目標だから(もう言い訳してる!!)。

 

といった感じですね。

これからも頑張るぜ(‘ω’)ノ

同カテゴリー記事

記事の感想・コメント

※コメントはまだありません※

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最近作ったゲーム